自分で写真を印刷してみる

パソコンのプリンターを活用しよう

スマートフォンや一眼レフデジタルカメラなどで撮影したのなら、デジタルデータとして内部(多くの場合はSDカード)に写真が保存されていてます。それをパソコンに移動させれば、自宅のプリンターで印刷することが可能です。印刷するためにはソフトウェアが必要になりますが、OSに標準で付属してくるものでも可能なのでわざわざ購入する必要はありません。ただし、写真の見栄えをよくするレタッチをしたいのなら、写真用のソフトウェアを購入したほうが満足できるはずです。

ちなみに、家庭用のプリンターで印刷するのなら、写真用に作成された用紙が必要になります。一般的なコピー用紙ではキレイに保存はできないので、家電量販店などを訪れて専用の用紙を購入しましょう。

お店で自分で印刷をしよう

印刷して欲しいデータを選び、それをお店に渡すことで印刷してもらえるサービスがあります。しかし、現在では印刷して欲しいデータを選び、それをその場ですぐに印刷できるサービスもあります。自分一人で端末の操作をして印刷まで完結できるサービスなので、お店の方と関わる必要はありません。頻繁に写真を印刷するのならプリンターを購入したほうがお得ですが、年に数回くらいならばお店のプリンターを利用したほうがお得でしょう。

なお、このタイプのプリンターは、家電量販店やショッピングセンターなど、さまざまなところに設置されていて気軽に利用できます。一枚から印刷できるので、まずは試してみて保存に耐えうるクオリティなのか確認してみましょう。